就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

フリーエンジニアとして活躍する為に 
エンジニアになる!

フリーエンジニアとして活躍する為に 

LINE Facebook Twitter

フリーランスという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。決まった組織に所属することなく、自分のスキルで仕事を獲得しているワークスタイルです。

フリーランスという形態は、多くの業界・職種に存在しており、IT業界も例外ではありません。フリーのエンジニアという言葉には、自由な雰囲気が見え隠れしますが、実際はどのような働き方ができるのか、ご紹介していきます。

フリーランスには技術力が必要不可欠

単純に自由だけを追い求めて、フリーランスになることはおすすめしません。なぜなら、フリーランスとは「技術」を武器にお金を稼ぐことであり、当然、対価に見合った技術を持ち合わせていなければ報酬は下がり、場合によっては仕事がないというケースも発生します。

つまり、会社員時代と比べての大きな違いは、「安定が保証されない」ということ。会社に所属していれば、よほどのことがない限り、給与を大幅に減額されることも少なく、保険や手当といった福利厚生も受けることができます。フリーランスというのは、これらの安定性を手放す覚悟が必要となるのです。

フリーランスのメリット

では、「会社に所属しているほうがよいのでは?」と思われるかもしれませんが、当然フリーランスになることで多くのメリットを得られることも事実です。ここでは、フリーエンジニアという働き方のメリットをお伝えします。

収入が増える

フリーエンジニアの単価相場は、SEで月60~80万といわれています。プロジェクトを管理する経験や知識を持っていれば、月100万円を稼ぐフリーエンジニアもいます。ただし、フリーランスの働き方は、この金額から税金や保険を支払う必要があるので、全額が手元に残るわけではありません。それでも、技術があれば比較的多くの人が収入アップを実現することができるでしょう。

仕事を選ぶことができる

勤務地や報酬、自分の手掛けたい仕事内容などで、プロジェクトを自由に選ぶことができます。自分に関係のない打ち合わせに長時間参加したり、仕事以外の事務処理に追われたりすることはなくなります。

興味のある分野に力を入れて取り組んだり、チャレンジしたいプロジェクトに飛び込んだり、自分の意思で行動を起こせる自由度の高さは魅力といえるでしょう。

時間を自由に使える

決まった時間に仕事をする必要はありません。例えば、学びたいセミナーや勉強会が平日の日中に開催されても、手掛けているプロジェクトに支障がなければ、自由に参加することができます。家族の行事に参加することもでるでしょう。また、プロジェクトの合間に仕事を詰め込むことをしなければ、長期休暇を取得することも可能です。

まずは基本を押さえるために、会社に所属しよう

フリーランスという立場では、いろいろな自由を得られることを紹介しました。ただし、誰もがいきなりフリーランスという働き方を選べるわけではありません。

フリーランスで月収100万円以上を稼いでいる人も、会社員時代にさまざまな経験を積み上げ、現在の働き方を手にしています。フリーランスとして成功するためには、経験と知識が必要です。会社員として働くことで、業界全体の仕組みを把握することができます。力をつければ、さまざまな可能性を得られることも、エンジニアという仕事の魅力といえるでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS