就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

エンジニア女子の時代到来 
エンジニアになる!

エンジニア女子の時代到来 

LINE Facebook Twitter

「カープ女子(=野球の広島東洋カープを応援する女子)」、「リケジョ(=理系の女子)」、「山ガール(=登山を愛する女子)」など、さまざまな分野で“○○女子”が取り上げられています。

では、これまでは男性社会といわれていたIT業界はどうなのでしょう。実は、ここにも女性の活躍の波が押し寄せているのです。「エンジニア女子」の最前線と、IT業界で女性の力が必要とされる理由を紹介します。

男性が主流だったIT業界の変化

IT業界は長く男性が中心となって牽引(けんいん)してきました。その理由は、男性と女性の能力に差があるからではありません。労働環境に理由が存在します。納期に間に合わせるために徹夜が続いたり、技術を習得するために会社に在籍し続けなければいけなかったりと、体力面や出産・育児などを考えると、女性の働きやすい環境とはいいがたいものだったからです。

ところが、昨今のIT業界は少し様子が変わってきました。残業時間の削減や休日・休暇の確保、育児休暇の導入など、新しい仕組みを積極的に取り入れる企業が増えています。それに伴い、女性も安心して働ける場が右肩上がりで増加しているのです。

女性が活躍しやすいワケ

企業の取り組み以外にも、女性がIT業界で働きやすいと感じられるポイントがいくつかあります。IT業界への女性の進出に伴い新しく見えてきたことや、時代の変化など、さまざまな要因はありますが、ここでは3点に絞ってお伝えします。

1.女性目線を求める企業

今や、「女性が注目するモノ・コトこそ、ヒット商品につながる」といわれるほど、マーケティングには女性の視点が重視されています。

IT業界も同様で、ITの力を使ったサービスを普及させるために、作り手に女性を求める場面が増加しています。企画会議にも女性に積極的に参加を促すなど、企業にとっての女性目線は、成功の是非を握る大きなカギとなっているのです。

2.ライフスタイルに合わせてフリーランスで活躍

年功序列が働き方の定説だったひと昔前に比べて、現代はさまざまな働き方が存在します。フリーランスもそのひとつ。会社や組織に縛られることなく、自分の都合に合わせて働くスタイルです。

例えば、育児に合わせて勤務時間を変更して、家庭環境を加味しながら働くことも可能です。フリーランスのエンジニアを雇用する企業やプロジェクトも急増するなど、フリーランスの働き方は今後ますます浸透していくと予想されます。女性のエンジニアにとっても、活躍の場が増えるかもしれません。

3.女性同士の交流・イベントが盛ん

IT業界で活躍する女性同士が連携する交流会やイベントが、盛んに行われています。ブログやFacebook、Twitterといったソーシャルネットワークの普及も、女性同士の連携をスムーズに行う助けとなっています。

実際、企業の垣根を越えた「女子会」が行われるなど、IT業界のなかで確実に女性の力は拡大しつつあります。

新しい風が起こすIT業界の未来

企業の成長に女性の力が必要不可欠となればなるほど、企業側も努力をする必要があります。子育て支援やワークライフバランスを重視した働き方の提示です。体力が続く限り残業を強いられるような企業では、女性が長く働き続けることはできないでしょう。

業界全体の労働環境が改善されて、女性にとっても働きやすくなることで、エンジニアが人気職となり、多くの有益な人材がIT業界に飛び込んでくる──エンジニア女子は、業界全体の新しい未来さえ作り上げようとしているのです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS