就活パレット 就活パレット

インターンシップ

インターンシップは内定を取るために有利なの? 自分の向き不向きを再確認
インターンシップ

インターンシップは内定を取るために有利なの? 自分の向き不向きを再確認

LINE Facebook Twitter

就活生の間で、必ずといっていいほど話題にのぼるインターンシップ。情報サイトを見ると「受けたほうがいい」という意見が多数ですが、採用には本当に有利になるのでしょうか?

興味はあるけれど参加する勇気が出ない、学生生活ももうすぐ終わりだし、思い出づくりもしたいからどちらを取るか悩む……。そんな学生の皆さんが一番気になる疑問にずばりお答えします。

企業によっては内定に有利

2016年度より就職活動の期間が短期化され、学生にとっても採用する企業側にとっても短期決戦となりました(経団連に未加盟の外資系や新興の企業を除く)。これにより、インターンシップで有能な学生に目星をつけておき、実際に採用活動が始まったらすぐに内定を出すという、企業の囲い込みがあるのが現状です。

採用活動をできる期間が短くなった分、ある程度の目星をつけて効率化を図るというのは企業として当然のことかもしれません。新しい人材を募集するために、想像するよりもはるかに大きなお金が動いています。何より、企業をつくっていくのは間違いなく人材。就活生も必死ですが、採用する企業も必死なのです。

結論として、自分が強く志望している企業が早い段階で決まっているのであれば、インターンシップに応募するのは内定への近道と考えていいでしょう。仮にインターンシップの選考に漏れてしまったとしても、実際の面接で応募したことはアピールになります。

企業イメージのためのインターンシップもある?

一部の大手企業では企業イメージの向上のためにインターンシップを行っている場合もあります。

いろいろな業界・仕事が知りたいのであれば、このような企業でのインターンシップもおすすめです。そうではなく、内定を視野に入れたインターンシップのつもりで受けるなら、研究も進めながら就職活動をしなければならない理系の学生にとって、このような企業でのインターンシップは大きな負担になりかねません。

では、どのように見極めればよいのでしょうか?

インターンシップとして多いのが、短期間(1~3日程度)かつ募集人数の規模が数百人いるようなものです。一度にそこまで多くの学生がいては、どんなに優秀な採用担当者でもほとんど適性はわかりません。仕事内容を具体的に学ぶというより説明会の延長のようなものが多く、学生同士でディスカッションを行う場合もあるそうです。企業研究には役立つかもしれませんが、経験としては物足りないのではないでしょうか?

内定に直結したインターンシップでは、多くの場合がある程度長い期間(1週間~3か月)を通して業務内容を学び、インターンシップの最中に数回の面談が用意されています。

インターンシップのつもりで行ったらアルバイト?

特にベンチャー企業に多いのが、学生をアルバイトとして雇い、社員とほとんど同じ内容の業務を任せるというインターンシップです。人数が少ないため、丁寧に仕事を教えるというよりほぼ実践となるでしょう。本格的に学生の労働力を頼っている部分もあるので、それなりの覚悟がないと苦労するかもしれません。

インターンシップで参加しているとしても、本格的に仕事を任されている分、クライアントや先輩社員に迷惑をかけることのないよう緊張感を持ち続ける必要があるからです。

一見大変そうだなぁ……という印象を受けるかもしれませんが、その分、実践的なスキルを就職する前から身に付けることができるので、ベンチャー企業への就職を考えている、もしくは自分の向き不向きを試したいという人にはいい機会かもしれません。

LINE Facebook Twitter

TOPICS