就活パレット 就活パレット

選考対策

ここがポイント!!面接官がチェックしているポイントとは? 
選考対策

ここがポイント!!面接官がチェックしているポイントとは? 

LINE Facebook Twitter

さて、いよいよ明日は面接本番。しっかり志望動機や自分の経験のこともまとめられたし準備万端! しかし、本当に準備万端といえるのでしょうか。実は、面接官はさまざまなポイントをチェックしているのです。

例えば、面接の最初ではハキハキとした声でしっかりと話し相手(面接官)の目を見て挨拶できているのかというチェックポイントがありますが、これは、最初の挨拶で印象よく見せられているのかをチェックされています。

社会人の仕事では、そういった細かいことの積み重ねが重要です。ここでは、ほかにも面接官がどういったチェックポイントで見ているのかをお伝えします。

面接官が会話のなかで見ているチェックポイント

面接ではさまざまな会話をしていきます。面接官からの質問に的確な回答ができているかはもちろん、面接の流れに沿った志望動機や自己PRの話、趣味・特技、家族や友人とのエピソードなど、たわいない会話を通して面接官が見抜きたいと考えている3つのポイントがあります。

1. 将来的に成長できるのか?

しっかり成長できる人材であるかどうかを見極めたい企業はかなり多くあります。よく「長所と短所を教えてください」と聞かれることがあると思いますが、これは、本人がしっかり自己分析ができているのか確かめています。さらに、短所をどうするかによって、自己成長についてどのように考えているのかを知りたいのです。

2. この会社で長く働いていけるのか?

一生同じ会社で働き続ける終身雇用制は崩壊しつつある昨今。とはいえ、会社としては長く働き続けられる人材を求めています。面接官から「会社に入った後のビジョンについて教えてください」と聞かれた場合は、この会社で活躍できるイメージができているかを聞くことで、真剣に会社のことを考えているのかが見られています。

3. 人間性に問題はないか(会社と価値観が合っているのか)?

面接のなかで、「人生のなかで一番失敗したことを教えてください」と聞かれた場合は、挫折のなかからどう這い上がってきたのかを知るのと同時に、人間性も見極めたいというねらいがあります。

人は追い込まれると本当の人間性が出るので、そのエピソードを聞いて判断材料にしようと面接官は考えています。失敗したこととそれをどう解決したのかをしっかり伝えましょう。

面接は仕草もチェックポイント!?

面接中は緊張からまばたきが多くなったり、考え事をする際に目線が上を向いたりと、さまざまなくせがあらわれます。ここでは、最低限押さえおくべき仕草のチェックポイントを見ていきましょう。

相手(面接官)の目をしっかり見る

冒頭でもお伝えしましたが、自分が話しているときや面接官が話しているときはしっかり相手の目を見ましょう。恥ずかしくて目を合わせられない人は面接官の鼻を見てみましょう。こうすると面接官は目が合っているように感じます。

面接官が話しているとき

面接は自分が話すだけではなく、面接官の話を聞くことも多いので、「はい」や「そうですね」などしっかり話を聞いていることが伝わるようにあいづちをうちましょう。人の話もしっかり聞ける人材であることをアピールできます。

ジェスチャーはほどよく小さく

面接中に、気合いが入りすぎてオーバー気味のジェスチャーをしてしまう方がたまにいますが、これはマイナス印象となる場合が多いようです。相手を落ち着かない気持ちにさせるので、ジェスチャーはあくまでも自分の話の補足と考えましょう。

面接官のチェックポイントも意識しよう!

ここまでお伝えしてきた以外にも、会社によってさまざまなチェックポイントがあるはずなのでしっかり準備しましょう。また、面接では自分のよさを話すだけではなく、聞き手のことをしっかり意識することも重要です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS