就活パレット 就活パレット

選考対策

「逆質問」のテクニック!!  面接官はここを見ている 
選考対策

「逆質問」のテクニック!!  面接官はここを見ている 

LINE Facebook Twitter

面接では、終わりかけたタイミングで面接官から「最後に何か質問ありますか?」と聞かれることも少なくありません。この「逆質問」には、面接官のどんな意図が隠されているのでしょうか? そして、そのときにどんな質問をするのがベストなのでしょう? 多くの就活生が頭を悩ませている逆質問への対処法について考えます。

逆質問で面接官はここを見ている!

そもそも面接官は、「最後に何か質問はありますか?」という逆質問を通じて、志望者の何を知りたいのでしょう?

「質問力」を見ている

「適切な相手に、適切な質問をして、適切な情報を引き出す」のは社会人にとって大切な能力のひとつ。状況に対応した質問力で、効率的に情報を集めることは、仕事の生産性や問題解決にも大きく関わることだけに、そこを重視する企業は少なくありません。面接官は、あなたの「質問力」を見たいと考えているのかもしれません。

「熱意」を見ている

面接官は、「本当にうちに入社したいという熱意があるなら、知っておきたいことがいろいろとあるはず」と考えます。質問する際には、「どれだけうちの会社を分析しているのか?」「どのくらい本気で、うちに入りたいのか?」など、あなた自身の熱意と本気度を見られているという意識も大切です。

「質問はありません」と答えてしまうことは、「御社に興味がありません」という意味に受け取られる可能性も。逆質問は、自分の熱意をアピールする場でもあるのです。

素直に質問している場合も……

事前に就活生からの質問に答えることで、「できるだけ双方の誤解を回避したい」というのも、面接官の正直な思いでしょう。会社としての思惑とは別に、入社してからの「こんなはずじゃなかった」を避けるために、素直に質問している場合ももちろんあります。

「逆質問」をうまく乗り切るためのポイントは?

それでは、実際に面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれた場合、どのような質問をすればいいのでしょうか? 逆質問をする際に注意するべき点や、準備しておくべきことなど、いくつかのポイントをお伝えします。

1. 相手に合わせて、適切な質問をする

面接官が人事担当者の場合なら、どんな質問をしても一通り答えてもらえるでしょう。しかし、例えば現場の担当者に経営戦略などに関わる質問をしたり、その逆に、他の部署の人や役職や立場の高い人に具体的な業務の内容などについて質問したりしても、満足できる回答は返ってこないかもしれません。まずは相手に合わせて、適切な質問をするように心がけましょう。

2.質問は複数用意する

よほど頭の回転の早い人でないかぎり、その場で適切な質問を返すのは難しいでしょう。やはり質問は、事前に準備しておくのがベストです。

また、用意していた質問がひとつだけだと、面接中に答えが出てしまう可能性もあります。どのような場合にも対応できるよう、最低でも5~6個は質問を用意して面接に臨むようにしましょう。

3.逆質問の例

ここで「逆質問」の例をいくつかご紹介します。一般的な例ですが、これらを参考にあなたなりの質問を考えてみましょう。

・御社で活躍するために一番必要な資質・考え方は何ですか?
・ご自身の経験を振り返って、新社会人のうちにやっておけばよかったことはありますか?
・御社が今最も必要としているのは、どんな人材ですか?
・御社が成長している理由は何だと思いますか?

こんな「逆質問」はNG!

企業のHPやパンフレットを読めばわかる質問や、「お子さんは何人ですか?」といった意図不明な質問は当然NG! また、休日や勤務時間に関する質問も、仕事への意欲を疑われる可能性がありますので、できるだけ避けるのが無難です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS