就活パレット 就活パレット

自己分析

ネットを超える“生きた” 情報の強み
自己分析

ネットを超える“生きた” 情報の強み

LINE Facebook Twitter

学生の就職をサポートするため、各大学に設置されている就職課。名称は、キャリアセンターや就職部など学校によってまちまちですが、機能は変わりません。

学生の就活を支援する就職課では、企業から送られてきた求人票を閲覧したり、職員に相談したりすることができます。また、就職ガイダンスなどの就活に役立つイベントを開催する大学も多く、知らないのはもったいないくらいにすごい機能を持っているのです。

就職課(キャリアセンター)に行くと何が分かるの?

インターネット上に求人情報があふれているから、わざわざ就職課なんて……。そんなふうに思っていませんか? 事実、中途採用市場では、ハローワークに比べてネットの情報が持つ力が年々大きくなっています。

ただ、学生ならば今のうちに利用できる就職課をぜひ活用したいもの。就職課は生の情報の宝庫で、就職課の利用は学生の特権といってもいいくらい多くの機能があるからです。以下に主な機能を挙げてみました。

自分の大学に興味を持つ企業の求人票を閲覧できる

就職課では、人材を募集している企業からの求人票を閲覧できます。求人票には、仕事内容のほか、賃金の制度や社会保険、雇用形態などといった労働条件を知る重要な情報が書かれています。

企業からその大学に「人が欲しい」と直接オファーがきていることを考えると、求人票もバカにはできません。やりたいことがある方はその業種を、まだ何をやりたいか決まっていないという方も漫然とでもいいので、求人票を見てみましょう。

世の中にはありとあらゆる業種があり、今まで自分でも考えもしなかった「やりたいこと」が見つかるかもしれません。

就職に関する相談ができる!

大学としては自校の就職実績に直結するだけに、就職課には有能な人材を配している場合が多く、学生の就活の強い味方となりえます。ちなみに、国が運営する公共職業安定所(いわゆるハローワーク)も就職課と同じような機能を持っていますが、大学の就職課ほどのパワーはないという話も聞きます。

大学の就職課の職員にはキャリアカウンセラーの有資格者がいる場合が多く、どんな相談に対しても学生の立場に立って有益なアドバイスを与えてくれるはず。エントリーシートの書き方や模擬面接まで丁寧に指導してくれる、実は非常に頼りになる存在なのです。

先輩が就職した企業のリストを参考にする!

ほとんどの大学の就職課には、過去の卒業生が就職した企業のリストがあります。ファイリングされているものや端末で検索できるものなどさまざまで、先輩の名前と最初に配属された部署などを知ることができる場合が多いでしょう。

また、同じ大学の出身というだけでも面接が有利になる可能性もあるため、できればその企業の人事に直接アタックし、先輩の連絡先を聞いてみましょう。出身校が同じというだけで親しみを感じるのは人情というもので、後輩の力になりたいと思ってくれる方は少なくないはずです。

就職したいと思う企業があったら、ぜひ就職課に足を運んで、同じ大学の卒業生がいるかどうかを確認しましょう。

ネットを超える“生きた” 情報の強み

もちろん、まだやりたい仕事が見つからないという人もいるでしょう。そうした人もぜひ就職課に行ってみてください。ネットの情報は古くなっているものも少なくありませんが、人と人が触れ合う場には血の通った情報が転がっているもの。就職課は、そうした“生きた” 情報を扱う最前線です。

考えてみれば、ネットがなかった時代は生身の人間から発せられる情報が頼みの綱でした。ネット社会である今こそ、生身の人間同士の情報という古くて新しい武器を携えたいもの。そのためのツールとして、就職課を存分に利用しましょう。

≫自己分析攻略シートのダウンロードはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS