就活パレット 就活パレット

業界研究

【社会を豊かにする】インフラ系のエンジニア 
業界研究

【社会を豊かにする】インフラ系のエンジニア 

LINE Facebook Twitter

IT業界のエンジニアは、開発系とインフラ系の大きく2つに分けることができます。開発エンジニアは、その名のとおり、システムやソフトウェアを開発するエンジニア。対してインフラエンジニアとは、ネットワークやサーバーといったインフラを構築するエンジニアです。

同じエンジニアとはいえ、担当する領域も必要とする能力も大きく違ってきます。ここでは、インフラ系エンジニアの仕事内容ややりがいを紹介していきます。

全ての企業・施設で必要不可欠な存在

ネットワークを介したインフラは、今や世界中のありとあらゆる場所でつながっています。単純なことをいえば、今、皆さんが見ているこの画面だって、インターネットでつながっているから見られるのです。

例えば、自宅や近所のカフェだけではなく、海外からも自由にアクセスできます。現代社会において、ネットワークは、生活を送るうえで欠かすことができないものとなっています。

ネットワークエンジニアの活躍の場は、主に企業でのインフラ構築です。例えば、新調したオフィスにPCをつなげるネットワークを構築したり、全国の支店とネットワークを結ぶ設計書を作成したり。いわばインターネットを経由させるプロフェッショナルです。

インフラエンジニアの仕事内容

エンジニアといえば、プログラミングをする開発の仕事をイメージしやすいですが、社会の基盤となるインフラ部分を支えるエンジニアの存在もとても重要です。公共施設やオフィスをはじめとする、さまざまなインフラを支えることは社会貢献を感じる仕事ではないでしょうか。

仕事の領域

インフラエンジニアが携わるのは、中小企業から一部上場の大企業までさまざま。さらに、オフィスだけではなく、商業施設や店舗なども全て活躍の場に含まれます。つまり、ありとあらゆる場所で、インフラエンジニアはその力を発揮することができるのです。

クライアントのリクエストに応じて、専用機器を発注し、設計書を作成し、インフラを結ぶ。インフラがつながったあとも、安定運用されているかをチェックする必要があります。

仕事のやりがい

自分で設計・構築したインフラを企業や店舗の人に使ってもらうので、エンドユーザーからの感謝の言葉を直接受け取れる喜びがあります。また、安定的な稼動を行っている様子を見ると、自分の仕事の確かさに喜びを感じられるでしょう。

向いている人

ネットワークの設計や構築は、比較的少人数で行われることが多いです。自分の仕事に責任感を持てる人は、任されるやりがいを感じることができるでしょう。

また、インフラをつなげるにあたって、ネットワークやサーバーなど、覚える領域は多岐にわたります。最新技術も常に誕生しているので、勉強は続ける必要があります。好奇心旺盛な方には学ぶ楽しさを感じるビジネスライフを送れるに違いありません。

海外で働くことも可能

前述したとおり、インフラは世界中でつながっています。日本で学んで習得した技術は、もちろん海外でも通用します。

インフラの発達により、世界はどんどん狭くなっています。インフラエンジニアにとって、それは世界との距離が近くなったことを示します。経験と知識を積むことで、無限の可能性を世界に展開できるポジションがインフラエンジニアという仕事です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS