就活パレット 就活パレット

業界研究

エンジニアの種類をマルッと紹介〜Web・オープン系編〜
業界研究

エンジニアの種類をマルッと紹介〜Web・オープン系編〜

LINE Facebook Twitter

ネットワークは、今や世界中で必要不可欠で、その技術と連携できるWeb・オープン系エンジニアは、これからの時代において、さらに求められるポジションといえるでしょう。ここでは、Web・オープン系エンジニアについて、詳しく紹介していきます。

複数のコンピュータを使ったシステム開発

ひと言でいえば、Web・オープン系の仕事は「インターネット上で利用できるサービスをプログラミングする」ということです。私たちの生活の身近なところでは、ECサイトやブログサービス、データベースの検索システムなどです。

例えば、ECサイトでメニューやキーワードなどから「検索」すると、特定の商品が表示されます。この時、商品をデータベースから検索するシステムが動いており、この仕組みを構築するのがWeb・オープン系プログラマです。

開発言語は、主にJava、C、C++などを用います。そのほか、ブラウザを用いた構築を行う場合は、PHPやPerlなどWeb系でよく使われる言語を使用します。

Web・オープン系エンジニアの仕事内容

エンジニアを目指して、いざIT業界に飛び込んだものの、自分の志向と合わなかったという人はたくさん存在します。実は、エンジニアとひと言でいっても、担当する業界や分野によって、やりがいや向いている人物像などはさまざま。自分の適性をきちんと知ったうえで興味のあるプロジェクトを担当できれば、おもしろさも倍増するに違いありません。

仕事の領域

企業向けの仕事でいえば、企業組織の予算管理システムや顧客データベースのシステム開発などがあります。一般の人々が利用するシステムとしては、Web上のエンターテインメント系のプログラムや、最近ではソーシャルネットワークゲームなどのアプリケーション開発にも領域を広げています。

普段当たり前のように使っているWeb系システムには、Web・オープン系エンジニアの仕事がしっかりと組み込まれているのです。

仕事のやりがい

インターネット上の多くのサービスでプログラムが動いているので、多くの人の目に自分の仕事が触れられる機会があります。また、近年では多くの機器にインターネットが介するようになってきたため、家電や自動車といったジャンルにもWeb・オープン系の知識と経験を活かせるようになっています。今後も技術の発展に伴い、より一層需要が増すポジションといえるでしょう。

向いている人

Web・オープン系に関する技術の発展はすさまじいものです。極端なことをいえば、一年前の技術は古いとされ、新しい知識を更新していなければ、活躍する場がなくなってしまうことも。常に最新情報を入手する必要があります。新しい技術や知識を取り入れることが好きで、さらに学んだ知識を実践で試したいと思える行動力を持っている人は、現場の最前線で活躍し続けられるでしょう。

PLやPMなど、豊富なキャリアアップの選択

常に新陳代謝を繰り返す分野ということは、裏を返せば新しいプロジェクトが続々と生まれているということです。今やWeb系システムは、企業にも日々の生活にもなくてはならない存在なので、活躍の場はこれからも拡大し続けるでしょう。

プロジェクトの大小にかかわらず、経験のある人はプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)といった管理職での活躍も大いに存在します。プログラマからシステムエンジニア、そしてPL・PMといった、段階を踏んだキャリアアップを果たせる可能性が多くあることは間違いありません。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS