就活パレット 就活パレット

就活の悩み

企業選びの軸とは
就活の悩み

企業選びの軸とは

LINE Facebook Twitter

就職活動でよく耳にするのが、「自分に合った企業選びが大切」という言葉。どんな企業を受けるかで、内定する可能性が大きく左右されるのはもちろん、就職した後の長い人生にも大きな影響が及びますので、自分の適性なども踏まえて慎重に志望する企業を選ぶのは大切なこと。

でも、数多くの情報のなかからどうやって自分に合った企業を見つければいいのでしょうか? 自分らしい「企業選びのコツ」について考えます。

「軸」を決める前に、「自分」を知るべし!

企業選びで大切なのは、自分自身が何をしたくて、どんな企業に就職したいのかという「軸」を決めること。早い段階で、「どんな業界に進むか?」「どんな業種を志望するか?」を定めて、それに応じて数多くの情報のなかから自分に合った企業を絞り込むことは、就職活動を効率的に行うことにもつながります。

それでは、そんな軸を決定するためには、まず何から始めればいいのでしょう?

まず目を向けるべきは、自分の性格。「しっかり意見を主張できる人、できない人」、「周囲に合わせて協調できる人、できない人」など、人にはそれぞれの性格タイプがあります。そんな自分のパーソナリティーからあまりにかけ離れた環境だと、仕事をつらく感じたり、早期に辞めたくなったりするもの。

あまりにもこだわりすぎるのはNGですが、まずは自分自身の性格や適性を客観的に見つめ、「自分に合った職場」のイメージを持つことが、企業選びの軸を見つけるための第一歩です。

次に大切なのは、「こんな仕事で活躍したい」「仕事を通じてこんなことを実現したい」といった自分自身の「志向」を知ること。

例えば、「アイデアを生かせる仕事がしたい」という思いがあるなら、何千人もの社員が在籍する大企業よりも、一人ひとりの裁量が大きく活躍しているベンチャー企業の方がマッチする可能性があります。

また、「安心感のある環境で長く働きたい」という安定志向派なら、歴史のある老舗企業や、誰もが知っている大手有名企業の方が適しているでしょう。

最初は抽象的でも構いませんので、自分が仕事を通じて実現したいことをしっかりとイメージしてみましょう。

多くの就活生が重視する企業選びの軸とは?

では、ほかの就活生はどんな「企業選びの軸」を持って、就職活動に臨んでいるのでしょうか? ここでは、一般的に重視する人が多いとされる「企業選びの軸」をご紹介します。

1. 企業の将来性や安定性

企業の将来性や安定性は、そこで長く働けるかどうかを見極めるためのバロメーター。就職活動では、その分野が成長産業なのか、安定した産業なのかも重視されているようです。

2. 業種・業務の内容

やはり自分が「やってみたい」と思える業種、業務であるかどうかは、どんなものよりも重要な軸。「この仕事なら頑張れる」というものを見つけたいという思いは、誰しも同じようです。

3. 給与・待遇

お金を稼ぎ、生活していくことは誰にとっても大切なこと。昇給の頻度や実現している待遇・制度をチェックすることで、利益還元に関するその企業のスタンスを判断したいと考える就活生も多いようです。

4. ワークライフ・バランス

「仕事だけが人生じゃない!」という思いから、「残業が多すぎないか」「有休はちゃんととれるか」などを気にする就活生は、近年ますます増えています。

5. 社会への貢献

「自分の経験や能力を活かして、誰かの役に立ちたい」というのも根強い企業選びの軸のひとつ。思いのほか多くの人が「仕事は社会貢献のためにするもの」という意識を持っているようです。

ここに列挙したのは、あくまでもごく一部の例にすぎません。これらを参考に、あなた自身に適した企業選びの基準を考えてみましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS