就活パレット 就活パレット

業界研究

年収100万円近く違う資格4選  
業界研究

年収100万円近く違う資格4選  

LINE Facebook Twitter

就活をするに当たって、何らかの資格を持っていると有利になることがあります。それは採用に関してだけではなく、実際に仕事を始めたときの給料にもかかわってくるのです。そこで、持っていれば給料が上がる資格についてピックアップしました。これからの就職活動の前に取得しておくと有利になるものばかりです。


グローバルな活躍ができる語学系資格

ビジネスにもグローバル化がどんどん進み、外国企業との取引をする日本企業または外資系企業の日本法人などで活躍するチャンスも増えてきました。そこで必要になるのは外国語の語学力です。そのためには語学系の資格を取得しておけば就活や給料において有利になるでしょう。

世界言語として用いられることが多い英語の資格としてはTOEICがメジャーです。多くの企業がこの資格を重要視する傾向にあり、企業によってはTOEICで一定以上の点数を取得していることを条件としているところもあります。その目安としては企業や部署によっても異なりますが、700点以上を取得していれば将来的に昇進する際にもよい影響を与えるスキルになるでしょう。

実際に英語力がある人とない人では年収に100万円近くの差が出るとも言われており、生涯の収入に換算すれば数千万もの違いが生じます。また別のデータでは、英語力を持っている女性は同年代の年収の実に3倍近くを得ているという調査結果も出ています。これは英語力を評価されることに加えて、英語力を用いない仕事に就いた場合の女性の年収が比較的低めであることも影響しているでしょう。

これから世界に向けて活躍できる人材はどの企業でも不可欠になりつつありますから、その分高待遇で迎えられるのは妥当と言えます。


ビジネスシーンで幅広く役に立つ資格

一般的なビジネスマナーから事務についての詳細な知識、また各種書類の取扱いから接遇に至るまで、実に幅広いスキルを求められるのが秘書の仕事です。この仕事についてのスキルを持っていれば高度な仕事内容を任せることができるため、持っていると有利になるでしょう。

秘書としてのスキルを証明する資格として秘書検定が挙げられます。ビジネススキルはもちろんのこと、上司の身の回りの世話やスケジュール管理、情報管理に経理業務などさまざまな仕事をこなす必要のある秘書は、給料の面でも優遇されます。

一般事務と比較した場合には年収で50万円ほど高くなると言われ、生涯に換算すれば2000万円ほどの差が出てきます。その分専門的な知識や業務に関する重大な責任が求められる上、上司の仕事をサポートするという立場から一般事務よりも拘束時間も長くなるため、それに見合った給料であることがわかります。


情報処理の分野に必要な資格

どのような業種もIT化の波が進み、プログラマやエンジニアの需要は高くなっています。こうしたIT企業に就職するに当たってぜひ取っておきたい資格は基本情報技術者です。この資格は情報処理技術者の資格の中でも基本的な知識を得ているかどうかの証明となるものであり、IT企業に就職するなら必須とも言われている資格です。

ITにおけるシステム開発や設計、運用などの業務について、より深い知識が求められるものであり、IT業界の入門ともされています。企業によってはこの資格を持っていることで月1万円程度の資格手当がもらえることもあり、年収にすると12万円、年収にして500万円ほど多く稼ぐことができます。またこれより上の応用情報技術者やプロジェクトマネージャーの資格を取得することによって、さらに年収をアップさせることが可能です。例えばプロジェクトマネージャーの資格を取得すれば、同業種の同年代の年収より100万円近く差をつけられるとも言われ、スキルアップによって給料を上げることにつながるのです。


貿易関係の企業に有利な資格

商品の輸出入を行う貿易関係の企業には通関士の資格を取得した人が重宝されます。通関士とは輸出入における通関業務を行う際に必要な資格です。通関士以外の人が通関手続きの申請を行うことはできず、貿易や運送、流通関係の企業には不可欠なのです。

海外との商品の取引を行うことも増えてきた昨今、こうした企業の需要は高まっています。また、貿易や流通を専門としない企業も自社に流通部門を設置して自社で全ての取引を済ませるところが多くなり、そうした企業には通関士の存在は貴重となるわけです。

通関士の資格を取得して就職に役立てるなら、貿易関係の企業か流通部門を自社に構えている企業、その他海外との取引を行っている企業を選べば有利になります。また仕事を始めてからは資格手当として多くて3万円程度つくこともあり、年収にして一般の社員よりも36万円くらいの差がつき、生涯の収入で見ると1500万円近く多く稼げることになります。


将来のスキルアップを見越して資格を取得しよう

今回紹介した4つの資格は、就職活動に有利になるだけではなく、給料についても待遇アップが見込めるものです。資格がある場合とない場合でかなり差がつく場合もありますし、将来的にスキルアップして年収に差をつけるための第一歩となる資格もあります。

いずれにせよ、資格を取得することで将来的なスキルアップを十分見込める資格であることは確かです。それによって、給料上がることが大いに期待できるのです。その足掛かりとして就職活動中に資格を取得しておくことはぜひおすすめです。

給料アップに影響する資格はそれなりに難易度も高いですが、将来的に役に立てることを考えると今頑張っておいて損はありません。

就活をするに当たって、何らかの資格を持っていると有利になることがあります。それは採用に関してだけではなく、実際に仕事を始めたときの給料にもかかわってくるのです。そこで、持っていれば給料が上がる資格についてピックアップしました。これからの就職活動の前に取得しておくと有利になるものばかりです。


グローバルな活躍ができる語学系資格

ビジネスにもグローバル化がどんどん進み、外国企業との取引をする日本企業または外資系企業の日本法人などで活躍するチャンスも増えてきました。そこで必要になるのは外国語の語学力です。そのためには語学系の資格を取得しておけば就活や給料において有利になるでしょう。

世界言語として用いられることが多い英語の資格としてはTOEICがメジャーです。多くの企業がこの資格を重要視する傾向にあり、企業によってはTOEICで一定以上の点数を取得していることを条件としているところもあります。その目安としては企業や部署によっても異なりますが、700点以上を取得していれば将来的に昇進する際にもよい影響を与えるスキルになるでしょう。

実際に英語力がある人とない人では年収に100万円近くの差が出るとも言われており、生涯の収入に換算すれば数千万もの違いが生じます。また別のデータでは、英語力を持っている女性は同年代の年収の実に3倍近くを得ているという調査結果も出ています。これは英語力を評価されることに加えて、英語力を用いない仕事に就いた場合の女性の年収が比較的低めであることも影響しているでしょう。

これから世界に向けて活躍できる人材はどの企業でも不可欠になりつつありますから、その分高待遇で迎えられるのは妥当と言えます。


ビジネスシーンで幅広く役に立つ資格

一般的なビジネスマナーから事務についての詳細な知識、また各種書類の取扱いから接遇に至るまで、実に幅広いスキルを求められるのが秘書の仕事です。この仕事についてのスキルを持っていれば高度な仕事内容を任せることができるため、持っていると有利になるでしょう。

秘書としてのスキルを証明する資格として秘書検定が挙げられます。ビジネススキルはもちろんのこと、上司の身の回りの世話やスケジュール管理、情報管理に経理業務などさまざまな仕事をこなす必要のある秘書は、給料の面でも優遇されます。

一般事務と比較した場合には年収で50万円ほど高くなると言われ、生涯に換算すれば2000万円ほどの差が出てきます。その分専門的な知識や業務に関する重大な責任が求められる上、上司の仕事をサポートするという立場から一般事務よりも拘束時間も長くなるため、それに見合った給料であることがわかります。


情報処理の分野に必要な資格

どのような業種もIT化の波が進み、プログラマやエンジニアの需要は高くなっています。こうしたIT企業に就職するに当たってぜひ取っておきたい資格は基本情報技術者です。この資格は情報処理技術者の資格の中でも基本的な知識を得ているかどうかの証明となるものであり、IT企業に就職するなら必須とも言われている資格です。

ITにおけるシステム開発や設計、運用などの業務について、より深い知識が求められるものであり、IT業界の入門ともされています。企業によってはこの資格を持っていることで月1万円程度の資格手当がもらえることもあり、年収にすると12万円、年収にして500万円ほど多く稼ぐことができます。またこれより上の応用情報技術者やプロジェクトマネージャーの資格を取得することによって、さらに年収をアップさせることが可能です。例えばプロジェクトマネージャーの資格を取得すれば、同業種の同年代の年収より100万円近く差をつけられるとも言われ、スキルアップによって給料を上げることにつながるのです。


貿易関係の企業に有利な資格

商品の輸出入を行う貿易関係の企業には通関士の資格を取得した人が重宝されます。通関士とは輸出入における通関業務を行う際に必要な資格です。通関士以外の人が通関手続きの申請を行うことはできず、貿易や運送、流通関係の企業には不可欠なのです。

海外との商品の取引を行うことも増えてきた昨今、こうした企業の需要は高まっています。また、貿易や流通を専門としない企業も自社に流通部門を設置して自社で全ての取引を済ませるところが多くなり、そうした企業には通関士の存在は貴重となるわけです。

通関士の資格を取得して就職に役立てるなら、貿易関係の企業か流通部門を自社に構えている企業、その他海外との取引を行っている企業を選べば有利になります。また仕事を始めてからは資格手当として多くて3万円程度つくこともあり、年収にして一般の社員よりも36万円くらいの差がつき、生涯の収入で見ると1500万円近く多く稼げることになります。


将来のスキルアップを見越して資格を取得しよう

今回紹介した4つの資格は、就職活動に有利になるだけではなく、給料についても待遇アップが見込めるものです。資格がある場合とない場合でかなり差がつく場合もありますし、将来的にスキルアップして年収に差をつけるための第一歩となる資格もあります。

いずれにせよ、資格を取得することで将来的なスキルアップを十分見込める資格であることは確かです。それによって、給料上がることが大いに期待できるのです。その足掛かりとして就職活動中に資格を取得しておくことはぜひおすすめです。

給料アップに影響する資格はそれなりに難易度も高いですが、将来的に役に立てることを考えると今頑張っておいて損はありません。

LINE Facebook Twitter

TOPICS